薄毛AGAは遺伝する

薄毛はDHTから
薄毛脱毛の原因は医学的に対応

男性型脱毛AGAの原因は遺伝する調査研究

研究結果より薄毛は遺伝が影響すると分かっています。
遺伝というと取り除けない要素のように感じますが対処療法ではありますが、現在の医学で対応可能なのです。

必ずしも身内に薄毛が多いから自分も遺伝するという意味でありません。
母方の祖父が薄毛だと50%位の確率で遺伝により薄毛が発生すると言われています。

遺伝により男性型脱毛の要素が異なる?

薄毛の根拠:5万2000人の生体データ

回答:母親から(遺伝の可能性大)
根拠:5万2,000人分の生体データを用いた研究調査
Genetic prediction of male pattern baldness
参考:http://journals.plos.org/plosgenetics/article?id=10.1371/journal.pgen.1006594

この研究結果から見えたことは、
男性型「脱毛」の遺伝子の多くは母親から受け継いだX染色体が由来してる可能性が非常に高い。
遺伝は母親側から遺伝すると言われています。

男女、染色体

男性型「脱毛」はX染色体が影響する。

脱毛に関係する遺伝の染色体はX染色体と言われています。

・女性はX染色体を2つもつ
・男性はXとYの染色体をもつ
*この研究においては、男性型脱毛を個人レベルの遺伝子で原因が特定できるという事でありません。
 脱毛の程度の差もあり、母方に薄毛が多いから必ずしも自分も遺伝で禿げるという事ではありません。ですが、母方の祖父から50%程度の確率で影響を受けやすいとの事です。

男性の方は、特に母方側の家系に薄毛が多ければ覚悟が必要ですね。

男性型脱毛の治療方法と原因は解明済

現代医学では、どうして男性は毛髪脱毛が起きて、それを抑え発毛させるのか、研究により解明されています。

男性型脱毛に関係する要素

テストステロンがDHTへ変換される

・男性ホルモン(テストステロン:TESTOSTERONE)
・5α-リダクターゼ(還元酵素)
・DHT(ジヒドロテストステロン)

抜け毛の原因の出演者は以上です。
現在、医学的に分かっている男性型脱毛の原因です。

上記の「悪役」達が、あなたの髪の毛を抜いてきます。
① 「男性ホルモン」と「5α-リダクターゼ」が結合し「DHT」へ変化。
② DHTが髪の毛の成長を阻害。

つまり遺伝により、これらの酵素が分泌されやすくなる。

フィナステリドとミノキシジルは医学的な根拠で毛を生やします。

フィナステリドとミノキシジルは医学的な根拠で毛を生やします。

民間療法や視聴率を稼ぎたいメディアに躍らせれてきた方、朗報です。
根拠(研究結果)が無いのに効果があるかのように情報が伝搬されてきたかと思います。

今では、遺伝といっても医学的な根拠原因があります。
男性型薄毛に効果、実績(長く薄毛治療に長く使用される)がある3つの成分があります。

・ミノキシジル(ロニタブ、ミノキシジルタブレット、等)
・フィナステリド(プロペシア、フィンペシア、フィンカ―、等)
・ディタステリド
(ザガーロ、アボダート、等)

様々なメーカーから医薬品として販売されていますが、これらは主要薬効成分は3種類のどれかです。
*「医薬品」とは 薬事法上で分類分けされており、ドラッグストアーで購入が出来る第Ⅰ類、Ⅱ類、三類医薬品や医薬部外品とは異なります。

何となく家系に薄毛の人がいると自分も、、、と思われていたかと思います。
それが研究のうえ解明されている訳ですがか試してみる価値はあるとは思いませんか?

薄毛は遺伝から「まとめ」

・薄毛要素は特に母方から遺伝でする。(50%程度)
・薄毛の治療が出来る医薬品が2種類存在する。