AGA(薄毛)は遺伝が50%影響

経験則上、薄毛の家系は薄毛を遺伝として引き継ぐと噂せれてたのでは無いでしょうか。これは噂ではないく研究より薄毛は遺伝が影響すると知られています。

遺伝というと避けられないように感じますが、現在は医学で対応可能となっています。根拠のないサプリメントや視聴率を高めたいテレビの根拠のないマッサージとは異なりますので、薄毛の家系でも気落致死内でください。

遺伝による薄毛の証拠

以下の研究の結果では、
男性型「脱毛」の遺伝子の多くは母親から受け継いだX染色体が由来する可能性が高いと結論づけています。

薄毛の根拠:5万2000人の生体データ
薄毛は母方から遺伝しやすい

回答:母親から(遺伝の可能性大)
根拠:5万2,000人分の生体データを用いた研究調査
Genetic prediction of male pattern baldness
参考:http://journals.plos.org/plosgenetics/article?id=10.1371/journal.pgen.1006594


つまり、母親方の家系で薄毛の祖父母がいる場合は薄毛が遺伝する可能性が高くなっています。

男性型「脱毛」はX染色体が影響する。

男女、染色体
男性はXY染色体、女性はXX染色体

脱毛に関係する遺伝の染色体はX染色体と言われています。

・女性はX染色体を2つ持つ。
・男性は「XとY」染色体を持つ。
*男性型脱毛の原因を個人レベルの遺伝子での特定はできてなく、母方に薄毛が多いから必ずしも自分も遺伝で禿げるという事ではありません。
母方の祖父から50%程度の確率で影響を受けやすいとの事です。

男性の方は、特に母方側の家系に薄毛が多ければ覚悟と準備必要ですね。

そういえばお爺ちゃんは薄毛だったなぁという方は注意が必要ですが、身内に薄毛が多いから自分も薄毛(遺伝)する訳ではありません。

男性型脱毛の治療方法と原因は解明済

現代医学では、薄毛の原因と原因を解消する方法は研究より解明されています。

男性型脱毛に関係する要素

テストステロンがDHTへ変換される
テストステロン⇒DHT

抜け毛への影響を及ぼす出演者は以下になります。

・男性ホルモン(テストステロン:TESTOSTERONE)
・5α-リダクターゼ(還元酵素)
・DHT(ジヒドロテストステロン)

現在、医学的に分かっている男性型脱毛の原因です。

上記の「悪役」達が、あなたの髪の毛を抜いてきます。
① 「男性ホルモン」と「5α-リダクターゼ」が結合し「DHT」へ変化。
DHTが髪の毛の成長を阻害。

薄毛の人は「5αリクターゼ」が活発で「DHT」を過剰に作り出す体質。つまり遺伝的に体質を受け継いでしまうようです。

薄毛の元が遺伝的な体質が原因だとすると、ちょっとした栄養剤や、生活習慣の改善では太刀打ちが出来ないのが想像つくかと思います。
医学的に効果のある「フィナステリド」「ミノキシジル」にしても、その問題の遺伝子(体質)改善ではありませんので、お薬の服用を止めれば元に薄毛に戻る事になります。